スポンサーリンク

1964年の渋谷をVRを使って再現するプロジェクト「1964 TOKYO VR」始動

おもしろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

これはアレだ、ワクワクするプロジェクトだ。

 

「みんなでつくるタイムマシン」と銘打った、1964年の渋谷を町並みをVRで再現するプロジェクト「1964 TOKYO VR」がスタートしました。

 

さぁ、皆んなでタイムスリップの準備だ…。

 

 

(画像は公式サイトより引用)

 

スポンサーリンク

1964年は今の東京の「出発点」

 

1964年は前回の東京五輪があった年であり、首都高速道路などが建設された、いわば今の東京の「出発点」。

 

公式サイトによれば、渋谷は昔から日本中のエネルギーを集め新しいものを生み出してきた場所だそうで、来たる2020年の東京五輪に向けた一環として、渋谷から「1964 TOKYO VR」を作り始めるといいます。

 

今も昔も渋谷はエネルギーの“中心”

 

キーワードは“みんなでつくる”

 

「1964 TOKYO VR」は、あなたの押入れの中に眠っている写真などから、フォトグラメトリーという手法を通して三次元データを生成。

 

一人でも多くの写真から「記憶の中の街並み」を最新テクノロジーで再現するプロジェクトです。

 

(画像は公式サイトより引用)

 

現在も写真を募集中

 

当プロジェクトは現在進行中で、当時の渋谷の写真を公式サイトにて募集しています。

 

公式サイトによれば、「当時の写真をより多く集めることができれば、この街はよりはっきりとした輪郭となっていきます」といい、

 

社団では、1964年から前後10年を含む、20年の間に、渋谷を撮影した写真」を募集しています。

 

(画像は公式サイトより引用)

 

イベントにも参加

 

なお「1964 TOKYO VR」 は11月4日(土) 10:30 ~ 16:30と11月5日(日) 10:00 ~ 16:00に、

代々木公園で行われる『くみんの広場 ふるさと渋谷フェスティバル2017 』にて特設ブースを設置。

 

昔の渋谷を撮影した写真を募集しています。

 

ソース

1964 TOKYO VR