踊る阿呆が世界を変える!阿波踊りでアメリカ横断する企画がReadyforで実施中!

シェアする

スポンサーリンク

踊る阿呆が世界を変える!!!

クラウドファンディングサイト「Readyfor」にて、プロの阿波踊り集団「寳船(たからぶね)」が

“大型ワゴンでアメリカ大陸を横断しながら、全米各地で阿波踊りを披露する”という、かなりブッとんだプロジェクト「ACROSS AMERICA 2018」を実施しています。

イイねこの大胆な企画!!こういうの好きだー!!

(画像はReadyforより引用)

スポンサーリンク

その移動距離、実に約7,000km!

寶船は「世界中を躍らせよう」というビジョンを掲げ、阿波踊りの魅力を世界中に発信しているグループ

今回のプロジェクト「ACROSS AMERICA 2018」では日本の本州(青森から山口)の4.7倍にも及ぶ約7000kmを横断しながら、現地の企業・学校などで阿波踊りを披露し、文化交流を図るといいます。

更には、

グランドキャニオンやホワイトサンズなどの広大な自然を巡り、圧巻の風景をバックにパフォーマンス。その模様を映像に納め、皆さんにお届けします。

とのこと。

す、スゲエ…。グランドキャニオン&ホワイトサンズ、どうせ行くなら踊らにゃ損々!!

「寳船」の方々。(画像はReadyforより引用)

とてつもなく壮大な企画のクラウドファンディング!!(画像はReadyforより引用)

移動は大型ワゴン!!(画像はReadyforより引用)

無謀なことに飛び込み、踊る阿呆になろう」

今回のプロジェクト「ACROSS AMERICA 2018」を実施しようと思った背景には、阿波踊りの可能性を信じる彼らの信念があります。

それは阿波踊り界の”ファーストペンギン”になりたいという想い。

彼らは2012年に法人化し、日本初のプロ阿波踊り集団となってもなお、阿波踊りの可能性を信じていました。

そして、世界で日本文化への関心が高まっていることも感じており、「前例がなければつくればいい」「自らの手で市場をつくっていこう」「無謀なことに飛び込み、踊る阿呆になろう」という想いから、今回のプロジェクト実施に至ったといいます。

『企画書 書き方』で検索するなど、最初は何もかもわからなかったのだそう。(画像はReadyforより引用)

悔しい想いを原動力に行動した結果、色んな人が寳船を支えてくれるように。年間250ステージを行うまでに成長!!(画像はReadyforより引用)

13日をかけて横断!

今回のプロジェクトは、3月20日(火)〜 4月1日(日)までの13日間でアメリカ大陸を横断するとのこと。

寳船は

このプロジェクトを通じて、「踊る阿呆の熱狂は、人の心を動かす」ということを証明したい。挑む姿で勇気を届け、世界を変えていきたいのです。

と説明しています。

(画像はReadyforより引用)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(画像はReadyforより引用)

支援者を募集中!

当プロジェクトは4月1日まで支援者を募集中。

5,000円から支援することができ、様々なリターンが用意されています。

ソース

阿波踊りでアメリカ大陸横断!?踊る阿呆が、世界を変える!