スポンサーリンク

ポータブル性グッド!モバイルバッテリー「Finger Pow」が便利すぎる

デジタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

これほど持ち運び便利なモバイルバッテリーがあっただろうか!

 

海外クラウドファンディングサイト「Kick starter」(キックスターター)から、最高のポータブル性を持つモバイルバッテリー「Finger Pow」をご紹介。

 

スマートフォンの充電不足に悩むあなた!その悩みがなくなる時が来たかもしれませんぞ!

 

(画像はKick starterより引用)

 

スポンサーリンク

充電プロセスを簡素化!

 

今までの充電器は、スマホの充電が無くなりそうになったらコンセントを探さなくてはならず、

 

従来のモバイルバッテリーも、一回使用したら本体自体を充電するためにコンセントを探さなくてはいけませんでした。

 

 

 

対して「Finger Pow」は、今までの充電プロセスを簡素化。

 

充電ステーションでもある“母艦バッテリー”(Charging Station)1つと、小型のポッド型バッテリー(Charging Pack)4つとの組み合わせからなっており、

 

1度で4つのモバイルバッテリーを充電することができるので、充電不足の悩みを解消してくれること間違いなしです。

 

5000mAhの母艦と、600mAhの小型ポッド。(画像はKick starterより引用)

 

過度な充電をしないのでバッテリー寿命も守る

 

説明文によれば、多くのスマホのバッテリーの寿命は余分な充電などもあり1年で低下していくとのこと。

 

「Finger Pow」であれば充電したい時にサッと充電ができ、30分ほどで25%の充電ができる計算となっているため、過度な充電も気にすることなく過ごせます。

 

(画像はKick starterより引用)

 

ゲームは1時間、電話は4時間

 

「Finger Pow」1つでの充電であれば、

 

ゲームは約1時間、ビデオなどを観る場合は約2時間、ネットサーフィンする際も約2時間、電話であれば約4時間使用することができるそうです。

 

(画像はKick starterより引用)

 

秘訣は大容量リチウム電池

 

小型にも関わらずパワフルな充電を可能にしているのは、

 

Neusoftの高品質チップセットと並んで、リチウムコバルト酸化物カソードを備えた大容量リチウム電池を使用しているから。

 

これにより変換効率が85%向上するといいます。

 

iPhone 8を25%充電させるほどの力はリチウム電池!(画像はKick starterより引用)

 

これほどコンパクトで持ち運び◎なのは、なかなか無い

 

母艦と小型ポッドはマグネットで接着しています。

 

なので、母艦からポッドを離す際は一気にガバァっと手掴みでOK。

 

ポッド4つをポケットに入れてもかさばらないくらいコンパクトな設計なので、「余計な荷物が増えた…」というストレスも無いはず!

 

気持ち良さそう…!(画像はKick starterより引用)

 

対応力も抜群!

 

さらに嬉しいのが、Micro-USB・USB Type-C・Lightningに対応しているということ。

 

iPhoneはもちろん、Android、その他Lightning対応のスマホも充電できます!

 

(画像はKick starterより引用)

 

マグネットだからサクサク接続!(画像はKick starterより引用)

 

そして防水機能も搭載

極め付けは、防水性であること。

 

雨の日や、うっかり水の中に落としてしまっても安心です。

 

値段は??

 

「Finger Pow」はKickstarterで入手可能。

 

一般的な販売価格ではFinger Pow一式を手に入れる場合だと69ドル(約7,200円)が必要ですが、

 

Kickstarterでは49ドル(約5,900円)で入手可能となっています。

 

追記(7月5日)

 

7月5日現在、「Finger Pow」はKickstarterにて既に支援・販売終了。

 

最新情報は「Finger Pow」の公式フェイスブックで確認できるので要チェックです。

 

ソース

FingerPow – One snap to charge your phone