スポンサーリンク

2018年の花粉シーズンスタート!東京でも花粉が飛散開始!

ネットで話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

また今年もやってきたか…“ヤツラ”が…。

 

東京都や日本気象協会が、都内での花粉の飛散を確認したことを発表。

 

14日からスギ花粉が悲惨されたことを確認したとのことで、過去10年平均(2月16日)より2日早く、2017年(2月11日)より3日遅い飛散開始となったようです。

 

花粉症の人にはツライ知らせですな…!

 

またこの季節がくるのだよ…(画像はぱくたそより引用)

 

スポンサーリンク

2018年の花粉はどのくらい飛ぶ??

 

17日に発表された日本気象協会の花粉飛散予報によれば、東北から近畿、四国など広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みとのこと。

 

画像で見ると、

 

・東北地方では青森県・岩手県・宮城県。
・関東地方では茨城県・東京都・神奈川県。
・東海地方では愛知県。
・近畿地方では奈良県。
・中国地方では島根県。
・四国地方では高知県。

 

上記の県が、昨年に比べ花粉が200%以上・「非常に多い」と予測されています。

おぉ…ティッシュとマスクなしでは過ごせなさそうだ…。

 

 

因みに、昨年より「多い」と予報された県は

 

・東北地方では福島県。
・関東地方では栃木県。
・北信越地方では石川県・福井県。
・近畿地方では京都府。
・四国地方では徳島県。

 

 

そして「やや多い」と予報された県は

 

・関東地方では千葉県・埼玉県・群馬県。
・東海・北信越地方では新潟県・長野県・岐阜県・山梨県・静岡県。
・近畿地方では三重県・和歌山県。
・四国地方では愛媛県。
・九州地方では宮崎県。

 

となっています。

 

北海道はシラカバ花粉です。(画像は公式サイトより引用)

 

花粉のピークはいつ??

 

また、日本気象協会によれば花粉のピークも予測済みとのこと。

 

スギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋では3月上旬から中旬といいます。

 

また、金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎える見込みなのだそう。そして東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長くなる見込みとなっています。

 

2/20過ぎから一気に来そうだ…。(画像は公式サイトより引用)

 

スギが終わればヒノキがやってくる…

 

そして、スギ花粉のピークが過ぎると、今度はヒノキ花粉がワサワサと飛んできて、飛散のピークを迎えます…。

 

日本気象協会によると、ヒノキ花粉のピークは福岡では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬、高松・大阪・名古屋・東京では4月上旬から中旬の見込みであると説明しています。

 

なお、金沢と仙台は4月を中心にヒノキ花粉が飛散するそうですが、飛散量は他地点と比べると少なく、はっきりとしたピークはないのだそうです。

 

個人的にオススメはハナノア

 

なお、花粉症予防で個人的にオススメなのは、小林製薬の「ハナノア」。

 

鼻うがいの商品で、花粉や雑菌を鼻の奥から全て洗い流してくれるので、とてもスッキリしますぞ。

 

因みにAmazonなどでは購入販売価格841円からとなっています。

 

ソース

東京都内で花粉が飛散開始(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

2018年春の花粉飛散予測(第4報) – 日本気象協会 tenki.jp