スポンサーリンク

「Lofree Poison Speaker」は50年代の古いラジオの如し!

デジタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

国内クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」から、レトロと最新テクノロジーが融合した小型ワイヤレススピーカー「Lofree Poison」をご紹介。

 

1950年代のアメリカン漂う古いラジオのようなデザインで、ヴィンテージ感がかなりオシャレです♪

 

 

「Lofree Poison」

 

スポンサーリンク

重低音が部屋中に鳴り響く!

 

「Lofree Poison」は本体全面から中高音を奏で、背面の大型ダイヤフラムからは迫力のある低音を鳴り響かせます。

 

低音と中高音を分離させているので、部屋中に立体感のあるサウンドを実現させることが可能といいます。

 

カッコイイじゃないか!「Lofree Poison」

 

共振を抑え、20Wという大出力を実現!

 

また、本体底面にはゴムスタンドが4つ付いているので、重低音による共振を抑え、音質に影響を与えないような仕組みに。

 

20Wオーディオ出力(2 x 10Wアンプ)の高スペックを持っているので、共振を抑えたまま広範囲に立体的なサウンドを響かせることができます。

 

振動によって机などを共振させてしまう心配なし♪「Lofree Poison」

 

コンパクト&ワイヤレス!

 

「Lofree Poison」はデザイン性だけではなく、コンパクトでワイヤレス接続が可能なところも素敵なポイント。

 

サイズ180 x 105 x 70mm・重さ約550gで付属の手提げバンドもあるため、持ち運びも楽チンです♪

 

そして2000mAhのバッテリーを使用することで、最大6時間のBluetooth4.2接続でワイヤレス再生することが可能。

 

 

別売りのAUXケーブルがあれば、有線でも再生することができますぞ。

 

これは持ち運ぶのも簡単だ!「Lofree Poison」

 

状況によって有線・無線を使い分け♪「Lofree Poison」

 

FMラジオ機能も搭載!

 

さらに!「Lofree Poison」はFMラジオ機能を搭載しているとのこと!!

 

受信周波数は「FM 76-108MHz」にカスタマイズされているので、音源が無くても十分に楽しめる仕様になっています。

 

アウトドアのお供としても◎「Lofree Poison」

 

これが主な機能だ!「Lofree Poison」

 

値段は??

 

色はVenetian Red・Pure White・Olive Green・Turquoise Blueの4色で展開。

 

26日現在も「GREEN FUNDING by T-SITE」では出資者を募集しており、今なら13,500円で「Lofree Poison Speaker」を1台入手することができます。

 

なお発送は5月を予定しています。

 

 

ソース

Lofree Speaker

「レトロ×最新テクノロジー」革新的なBASSドライバーで パワフルな重低音が部屋に鳴り響く、小型ワイヤレススピーカー「Lofree Poison」 | GREEN FUNDING by T-SITE