スポンサーリンク

君はもう観たか?レッドブル都市型フェスの新CMにZeebra、向井太一、ちゃんみなら登場

ネットで話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レッドブルによる都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」が、9月22日〜10月12日まで開催。

 

それに伴い、Zeebra、向井太一、RHYMESTAR、ちゃんみなを始めとする総勢17組のアーティストが出演している新CMが27日より公開されました。

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

スポンサーリンク

東京の街全体が音楽舞台に

 

「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」では、東京の街全体を舞台にした様々な音楽イベントが、約1ヶ月間にわたって展開されます。

 

どれもが型破りなイベントとなっており、場所・想像を超えた音楽体験、予想外なアーティストの組み合わせばかりなのだそう。

 

この秋、東京は「音楽の解放区」になります。

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

「音楽って誰のもだっけ?」

 

当CMの舞台は渋谷。クールな夜の渋谷の歩道橋の上で、夜景をバックにZeebraの「ていうか、音楽って誰のものだっけ?」という問いかけからスタートします。

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

その後、スクランブル交差点付近で向井太一が「アーティストと、リスナーのもの」、ちゃんみなが「あなたと私だけのもの」と語ります。

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

さらにはRHYMESTARも登場。

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

宇多丸の「ストリーミングだろうがCDだろうが」との語りに合わせ、Mammy-Dが「音楽は変わらない」と一言。クールにキマッています。

 

音楽フェスを象徴する言葉の数々が登場

 

そのほかにも、Survive Said The ProphetやLicaxxxなど、アーティスト総勢17名が登場。

 

「そもそも音楽に形なんてないから」
「TOPチャートだけが正義?」
「女は可愛い歌しか歌っちゃいけないの?」
「金と名誉のため?違う」
「音楽はコンテンツじゃない」

 

などという、レッドブル音楽フェスを象徴するシビれた言葉がズラッと語られ続けます。

 

なお、「Red Bull Music Festival Tokyo 2018」に関する詳細は公式サイトをチェック!

 

(出典・引用元:Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.)

 

出典・引用元

Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.