スポンサーリンク

喉に肛門がある魚など、サンシャイン水族館で「ざんねんないきもの展」開催

おもしろ

 

家族でも楽しめそう♪

 

東京・池袋にあるサンシャイン水族館が、“一生懸命なのに、なぜか残念な生き物たち”を特集した「ざんねんないきもの展」を11月10日から2018年4月8日まで開催。

 

「どうしてこうなった!?」と、思わずツッこんでしまう生き物たちが沢山紹介されるそうですぞ!!!

 

(画像はサンシャイン水族館公式サイトより引用)

 

スポンサーリンク

シリーズ累計100万部を突破した人気書籍とのコラボ

 

「ざんねんないきもの展」は、シリーズ累計100万部を突破している人気書籍「ざんねんないきもの事典」「続ざんねんないきもの事典」とコラボレーションした特別展。

 

本展では、書籍に登場する生き物に加え、サンシャイン水族館のスタッフが思う「ざんねんないきもの」も登場するそうです。

 

(画像は公式サイトより引用)

 

一生懸命だけど、どこか残念…

 

「ざんねんないきもの展」は、「ざんねんな体」「ざんねんな生き方」「ざんねんな能力」「ざんねんな名前」の4コーナーに分類して展示するとのこと。

 

「シマリスは尻尾が切れやすいが再生はしない」

「デンキウナギはのどに肛門がある」

「オジサンは、稚魚でも名前はオジサン」

 

など、一生懸命生きているのにどこか残念、だからこそ魅力がある生き物たちが展示されるそうです。

 

シマリスは逃げる際に尻尾を切るそう。でもトカゲのように再生はしない…。

 

のどに肛門…。デンキウナギ、大変なんだな君も…。

 

稚魚でもオジサン…。

 

料金は?

 

また、開催期間中しか買えない限定商品も販売予定とのこと。特別展の詳細については、後日HPで発表されるそうです。

 

なお、単館での入場料金は600円となっています。

 

ソース

サンシャイン水族館

ざんねんないきもの展