スポンサーリンク

コスパ◎5000円以下で高クオリティな360°撮影ができる「NoMatterWhat」

デジタル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こりゃカメラ好き&インスタ好きには必見!

 

iPhoneに装着する事で、360°の写真撮影ができるカメラ「NoMatterWhat」をご紹介!

高機能ながら廉価、コストパフォーマンス抜群のカメラですぞ!

 

(画像は公式サイトより引用)

 

スポンサーリンク

なんと充電不要!

「NoMatterWhat」は、iPhone7/7Plusに装着できる高クオリティな360°カメラ。

コンパクトサイズのカメラで重さも約30グラムと軽いところが素敵ですな。

 

そして、特に嬉しいポイントは「充電不要」なところ!

iPhoneのカメラ部に装着するだけという至ってシンプルな構造なので、ポケットやリュックに入れておけば、場所・時間を問わず、いつでも360°撮影ができちゃいます!

(画像は公式サイトより引用)

 

Bluetoothなどの接続も一切不要!画質は6K!!

さらに、Bluetoothなどの接続も一切ナシ!専用アプリをダウンロード・起動し、「NoMatterWhat」を装着して撮影すれば、ものの数秒で360°写真が撮影できます。

 

そして、その画質解像度はなんと6K!静止画には申し分ないクオリティとなっています。

 

(画像は公式サイトより引用)

 

 

確かな技術と3Dプリンタによる生産で低価格を実現

レンズ部は球面レンズと非球面レンズの組み合わせからなっています。

このデュアルレンズがiPhoneカメラの視野を広げ、各カメラが180°以上の画像をキャプチャできるように設計されているので、360°撮影を実現しています。

 

そして何より一番の衝撃は、その価格!高スペックを持ちながら、価格は39.99ドル(約4,400円)と、5,000円を切っています!

 

本体を3Dプリンタで作成しており、大量に製作できるところも廉価である所以なのかも。

 

(画像は公式サイトより引用)

 

撮った写真はInstagramなどで共有♪

もちろん、撮った写真はSNSでシェア可能。

「NoMatterWhat」を手に入れたらFacebookやInstagramで「#NoMatterWhat」のタグを付けて投稿してみよう!

(画像は公式サイトより引用)

 

購入方法は?

なお、「NoMatterWhat」は公式サイトから入手可能。9月22日までプレオーダーを受け付けており、発送は3~6週間かかるようです。

 

ソース

NoMatterWhat