圧巻!香港の有名映画監督が「iPhone X」で撮影した映像作品

シェアする

スポンサーリンク

Apple Singaporeが1日、中国の旧正月に合わせて公式YouTubeに映像作品を公開。

中国・香港の有名映画監督である陳 可辛(Peter Chan・ピーター・チャン)氏がiPhone Xのみで撮影した作品で、タイトルは「Three Minutes」(3分間)。

圧巻の映像作品となっています。

(画像はYouTubeより抜粋)

スポンサーリンク

ホントにiPhone?圧巻の映像美!

先にも述べたとおり、「Three Minutes」はiPhone Xのみで撮影された作品。

「本当にiPhoneで撮ったのか!?」と思わせるほどの圧倒的映像美を持った作品となっています。

内容は、旧正月に家族との久しぶりの再会を喜ぶ人々を描いた作品となっており、「あなたは家族との再会が3分間しかない場合、何をしますか?」という問いを投げかけた物語。

作中の至る所にポートレート機能、スローモーション機能、タイムラプス機能、スポーツカメラなど、iPhone Xの撮影機能が使用されており、観ている人を惹きつける演出がされています。

手持ち花火のシーン。ここの迫力はスゴい!!(画像はYouTubeより抜粋)

舞台は中国の田舎。旧正月。(画像はYouTubeより抜粋)

これから家族との再会を待つ人々。自然と笑顔があふれます。(画像はYouTubeより抜粋)

iPhone Xの映像美、おそるべし!(画像はYouTubeより抜粋)

乗務員の女性が、子供と再会。しかし、電車が発つのはあと3分後…。(画像はYouTubeより抜粋)

再開後、子供は3分間の間に“あること”をします。(画像はYouTubeより抜粋)

そして別れはすぐに…。(画像はYouTubeより抜粋)

果たして子供は何を伝えたのでしょうか??(画像はYouTubeより抜粋)

iPhoneで撮った映像作品は結構あります

なお、iPhoneで撮影した作品は映画「タンジェリン」や「Unsane」などがあります。

編集次第で、たとえiPhoneだとしてもスゴい映画が撮れるのですね!

ソース

Three Minutes